株式会社SーLINE

〒158-0086
東京都世田谷区尾山台3-26-9 西村ビル1F
TEL:03-6805-9365
FAX:03-6805-9366
E-Mail:sline001@s-line0413.co.jp
HP:https://www.s-line0413.co.jp
(業務エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉)
 

受付時間
9:00~19:00
休業日
なし

お気軽にお問合せください

03-6805-9365
03-6805-9366

床ワックス清掃後の管理

清掃業者に依頼して、床面のワックスを塗布してもらったら、なるべくそのキレイな状態を持続させたいと思うのは、当然なことです。その光沢を持続させ、清潔な床面を保つため、下記の点に注意しましょう。

  • 1
    こぼしたら、素早く対応しましょう。
    ワックスは界面活性剤で溶けてしまいます。一番身近な界面活性剤は水です。水分はワックスを剥離させてしまいます。つまり、ジュースの飲みこぼしやキッチンの水などは、そのままにしておくと、ワックスをダメにしてしまいます。食べこぼし、飲みこぼしなどは、できるだけ素早く雑巾で拭くなどして対処しましょう。
     
  • 2
    玄関マットを敷きましょう。
    玄関マットは、靴についた土砂を大幅に削減してくれます。玄関マットがあるとないとでは、ワックスの耐久性が大幅に変わってきます。細かい土砂がワックスの皮膜を傷つけて、光沢をなくしてしまうからです。そのため、玄関マットは、非常に重要なアイテムです。ただし、2~4週間で定期的に交換してください。
  • 3
    できることなら土足厳禁に。
    玄関マットより、さらに確実に室内へ土砂を持ち込ませない方法です。靴からスリッパへ履き替えることによって、ハイヒールなどで床材自体を痛めてしまうというリスクも軽減できます。
  • 4
    土砂、ホコリ、ゴミなどを溜めない。
    掃除機掛けや掃き掃除を習慣付けて、土砂、ホコリ、ゴミなどを床面になるべく溜めないようにしましょう。事務所やオフィス、店舗等では、「今日の掃除当番」というよに、持ち回りで担当を決めるというのも良いと思います。
  • 5
    定期的にワックス清掃を入れましょう。
    ワックスも数週間~数か月で、古くなってキズが多くなってきます。そのキズから汚れが入り込んで、変色や腐食をもたらします。ワックス自体も時間がたつと変色してきますので、古くなったワックスを除去して新しいワックスを塗布することのより、長期間ワックスの性能を持続することができます。1~3か月に1度はワックスの定期清掃を入れましょう。

定期清掃・ハウスクリーニング・業務用エアコン清掃・貯水槽清掃・排水管洗浄清掃等、清掃に関することならS-LINEへお任せください!